Dominique Nachi

ポールあるある

ポールダンス(スポーツ)って何?実際にやってみてどう?ポールダンサーならではの5つのポールあるあるをまとめてみました。

     ダンスかスポーツどっちを使うか迷う

ひと昔前まではポールダンスは棒の周りでくるくる回るお姉さんというイメージだったかもしれません。しかし今はオリンピック競技を目指してポールスポーツとしても認知されつつあります。自己紹介の時に、「ポールダンスやってます」、「ポールスポーツやってます」、どっちにするか迷うあるある。

②「ポールが滑る」とよく言う

ポールスポーツ選手が上手くいかないときは「ポールが滑った」と言います。これは選手同士の合言葉のようになっていて、今日はポールよく滑るね、などと声掛けをし、ポールと身体のコンディションを確認し合うのです。

    ③ メンズが増えている

よちよち歩きの男の子から墓場手前のおじいちゃんまでポールで踊る時代です。50代以上の男性が、ポールにしがみつく彼の背中には哀愁が漂い、たまらなく愛着がわきます。股をポールに挟まないといけないため、股間が、、、というのもメンズあるある。

   真面目が多い

個人競技であるポールは、日々地道に努力して技を磨いていく人がどんどん伸びていきます。また、大会で得点を取るためには規定の勉強も必要です。そのためポールを続けている人は真面目で勤勉家が多いように思えます。

   高知にポールの魔女がいる

都会には優れたポールスタジオが多く、日本の3大都市、東京、大阪、福岡は強い選手がたくさんいます。それに加えてなぜか常夏の離島、高知のポール熱がすごい。理由はMikaさんという殿堂入りポールの魔女が高知に生息しているからだという。

以上。


ツイッター、フェイスブックでブログ随時アップしてます。
気軽にフォローしてください^^

ブログランキングに参加してます。よかったらクリック応援よろしくお願いします。↓
 
人気ブログランキング





次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 Dominique Nachi

テーマの著者 Anders Norén