Dominique Nachi

ドラマー男

一人の男がドラムを弾いている。
ただのドラムではない、バケツでできた独自のデザイン入りのドラムである。

男は世界の平和と愛のためにドラムを弾いている。
くさいと言われるだろう。でも本当なのだ。

男は日本を飛び出し、世界に衝撃を与えたいと思っている。

男には情熱しかない。
男は立ち止まって、考えるということをしない。
ドラムは考えて弾くものじゃないだろう?

男はドラムを弾く手を止めない。
ドラムの手には迷いがない。
ひたすら奏で続ける酔いしれた男がここにいる。

ドラムは地味だろう?
カンカンを打っているだけのヴォーカルの後ろの存在だと思うだろう?
君は知らない、壮大な世界がドラムにはあるんだよ。
なんたって、ドラムは心臓に直に響くからね。
男の武器は、自分の世界にいながら周りの鼓動に直に訴えかけることができることだ。

男には迷いがない。
ドラムには迷いがない。
ひたすら奏で続ける、酔いしれた男がここにいる。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 Dominique Nachi

テーマの著者 Anders Norén