Dominique Nachi

人は洗脳される生き物なのか

はじめに

 

阿部元首相の銃殺事件はとてもショックでしたし、そんなことが日本で起こりえるというのがとても悲しかった。日本中の国民が献花台に長蛇の列をなし、悲壮のムードに包まれる中、犯人が母親の信じた統一教会への恨みという動機を聞いて、日本にもまだそんなカルト宗教を信じている者がいるのだと思った。

世の中は洗脳で溢れています。男女は愛するものだとか、プーチンは悪い人だとか、ワクチンを打てば世の中は良くなるだとか、言うてますけど、本当ですか?本気で言うとります?

なぜ人々はこんなにも簡単にだまされるのか、洗脳されるのか。いや、人々は洗脳されることを望んでいるのではないか?洗脳というのは一つのプレイで、そこに人間の隠れた性癖があるのではないかということを書いていこうと思います。

親から始まり、学校の先生、マスメディア、と私たちは常に洗脳を受けながら成長していきます。まずは私の幼少期にさかのぼりますのでお付き合いください。

 

人と同調できない私

 

私はもともと従順で優しい性格なので、小学生までは先生の言うことは何でも聞く、いわゆる「いい子」でした。それがたくさんの本を読むにつれて、自分で思考する力を身に着けるようになってから、人の言うことに対して100%鵜呑みすることはなくなりました。中学高校になると自分で考えて道を作るというスタイルが確立し、私は学校ではやっかいな反逆児となりました。ある日、授業中に書いていた私の独自のノートを、先生が切り裂いて、私の襟をつかんで引きずり回し、廊下にけり出すという事件が発生しました。私も他の生徒もこれにはとてもびっくりしました。今の時代、こんな先生の暴力はありえないことですが、私は同調性に欠ける生徒とみなされ、やがて日本を追放される戦犯となります。(イギリスに逃亡したということ笑)

 

洗脳されるのはなぜ

 

なぜ、皆同じ目標をもって、同じ大学を目指して、同じように考えて行動するのか私には理解できなかった。皆、騙されているのではないか?皆バカなのか?それともおかしいのは私だけ?私も洗脳されるべきなのか、それが人間という道でしょうか?これに関しては、私が最近よく見ている思想家YouTuberのとろんチャンネルさんが、面白いことを述べています。人はそもそも洗脳されやすいのだと、それも中途半端な知識しかないと、それらが繋がって納得したときに信じてしまうのだと。騙されないためには、もっとたくさんの視野を持って、抽象度の高い視点に立って、世の中のことを見ていく必要があると言っています。

それでは「洗脳されてはいけない」とういうのも、1つの洗脳だと思うのです。結局、自分で考えて道を選んでいるつもりでも、私たちは何かしら誰かの影響を受けていて、それらに洗脳されているのですから、まったく洗脳されていない人間などありえないと思いました。

 

洗脳されたい私たち

 

そこで、なぜ人間はそのようにしてしか生きていけないのか、ということを考えました。洗脳というのは文字通り、脳を洗うと書きます。洗脳が極めて人間的なのは、人間は脳が特に発達した生き物だからだと思うのです。私たちが歩く、食べる、セックスする、というような極めて身体的だと思われるものも、脳の刺激により指令されているにすぎません。脳が司令部である身体において、身体が元気でないのは脳が元気でないから。ここで、洗脳というのはそのように困った、行き詰った脳をリセットし書き換えてくれる、人生の大きな転機となってくれます。

例えば、つまらない人生です。でもある人と出会いました。好きかもしれない、この人のことを一晩中考えて、この人の色に染まりたい。そのように脳が洗脳を受けると、幸せホルモンであるセロトニンなのか、やる気ホルモンであるドーパミンなのか分かりませんけど、ありとあらゆる神経伝達物質が流れ、脳が満たされ、体もバランスが取れてきます。そのため、この状態を気持ちいいと感じ、抜け出せなくなる。脳内で起こっていることは中毒と似ていますね。ただ中毒と言えばタバコ、ゲームなど具体的な対象と私との二項関係、洗脳とは神と信者という絶対関係に服従するという違いがあります。

私はあなたのすべてになりたいので、私の人生全てを捧げます」というのが洗脳

私はあなたのこの部分が大好きなので、あなたから離れられません」というのが中毒

いずれにせよ、脳が興奮、幸福を感じ、安定状態になるということですから、人間は中毒になりやすく洗脳されたがるのではないかというのが私の見解です。

 

洗脳という倒錯プレイ

 

私は何でもセックスに結びつけたがるので(笑)

カフェなんかで若者同士が「私最近、これにハマっているんだよね~。」と話すことは、私の脳はこれによって興奮状態となりやみつきになってその世界から抜け出せないド変態野郎ですと、性的倒錯を暴露しているかのようで、エロいのです。

盲目となってその世界にどっぷり浸かるというのは、性行為の極楽の状態だと思いませんか?洗脳を受けるというのは、好きな人の粘膜の中に入り込んでおぼれている状態と似ています。あるいは神とセックスしている状態とでもいいましょうか、神だと敬って奉仕し続ける変態プレイなわけです。私がプレイであるというのを強調するのは、プレイというのは所詮ゲームのような幻想空間の話であって、事実ではないからこそ、本気で受け止めなくても楽しめるからです。

私の結論は、人間は極めて脳が発達した生き物だから、洗脳という幸せおぼれ状態に、人は生きている感覚を見出しやすい生き物であるとうのを踏まえたうえで、それは所詮変態プレイであるというスタンスでいると、深刻になりすぎず、軽い気持ちで生きていけるのではないかということです。

深刻すぎるのは良くない。病むから。

以上でした。




次へ 投稿

© 2022 Dominique Nachi

テーマの著者 Anders Norén