AURORA SHOW

2021 全日本選手権大会

今年はオンライン大会。
初めてアートカテゴリーで出場しました。
私が表現したかったのは、暗闇のオーロラの世界。
不安と、希望の入り混じる世界。
苦しみから、美しいものを探しに、旅に出る話。

テーマ/Story (English below)

黄金郷

目を覚ますと、私は迷宮の世界に迷い込んでいた
長い旅をしてようやくここにたどり着いたのだろうが、
記憶がなく、私自身が何者であるかもよく分からない

私の体はオーロラ色に輝くベールに包まれていた
私が目指していた、光の世界へやってきたのだ
私は天空に登り、大空にゆらめくレースのカーテンのように、夜空を舞った

暗闇の中で、静かで孤独だ
しかし、夜明けは必ずやってくる
希望という、光が見える
なんだか、魂が救われるような気がする

私はオーロラのベールを捨てて、身一つになり
空の果て、一時の彼方へ飛び込んだ
最初からゴールなどなかった
不安を振り捨て、自由であるこの身で、
自分らしく、強く、美しく、生きていくと決めた

Dream Land 

When I woke up, I found myself lying on the ground of nowhere.
I must have had a long journey to reach these lands.
But my memories have been lost knowing not even who I am.

I realized my body was covered with a veil shining the colors of the aurora.
I must have come to the world of light.
I climb up and dance as if I was the lace sheer curtain flickering in the dark sky.

In the darkness where everything is obscure and lonely,
Dawn will surely come.
I can see the light of hope.
I feel like my soul will be healed.

I throw away the veil of the aurora.
And I throw myself into a sublime, out of SPACE— out of TIME.

There was no goal from the beginning.
Washing away the anxiety, gaining the freedom,
I chose to live as who I am, stand strong and beautiful.

結果報告

結果は単独の1位🌸
おめでとう😊
スコアは34.7
えっ思ったよりも高い、、、。
Mika先生に振付を頼んだのも良かった✨
踊り、ビジュアル、感情含めた世界観を、これからももっと磨いていきたいです。

写真は高知ののんびりメンバー&名古屋からKumi先生率いるAnnjewelメンバー
2021大会お疲れさまでした!




還る場所

鳥は巣の中で生まれる。人は病院で生まれる。死に際も、病院で世話になるのだろう。生まれた場所が、あなたの還る場所でしょうか?

確かに鮭は本能に従って、産卵の時期になると川を上り、生まれた場所に戻ろうとする。しかし、流れの勢いに逆行することは容易ではなく、旅の途中で生き途絶える鮭もいる。

人間も、あらゆる生き物も、人生の旅の途中で、突然思いもよらぬ死が訪れることがある。それは不運な最後でしょうか?

とある小さな村の墓地を登っていると、美しい村の風景が見渡せた。そのとき、友人とこのような会話をした。

「僕が死んだら、灰を海に流してほしい。自然に戻り、自由になりたい。このようにどんなに美しい村の風景を望める山の上だとしても、あの真っ暗なお墓の中に閉じ込められたくはないな。墓に入るのは、残された人々のエゴによるものだと思う。祖先が、自分たちを見守ってくれていると思いたいからだ。でも、暗闇の中にずっと閉じ込められるなんて、考えただけでもぞっとする。」

すると友人はこう答えた。

「死んだ者に意識がないとしたら、どこにいても死人は何も思わないよ。まあでも、俺も墓の中は窮屈で嫌だな。子孫が、見守られたいって思っているなら、骨をキーホルダーにするっていう方が、よっぽどいいよな。コーティングしたら長持ちするだろうし。」

「いいね。高級感のある金の金具なんかに取り付けちゃったりして。子供はランドセルにつるしてお守りにするんだよ。これがおじいちゃんの骨。カッコいいでしょうってクラスの話題になる。」

どのような死に方を望むか、誰しも一度は考えたことがあるのではないだろうか?

三島由紀夫の言っていた、「望む死」。それは天然自然の自殺であった。例えば狡智長けやらぬ狐が、山ぞいをのほほんと歩いていて、猟師に打たれるような。自分の愚かさゆえに、天日の下に突然現れる不意な死。

また例えば最近見た「イントゥ・ザ・ワイルド」という映画で、旅する青年は、食用植物の知識不足から、毒草を食べて死んでしまう。楽園を求めてやってきたアラスカの手つかずの自然で、自分の無知ゆえに命を絶つ。それは、愛嬌のある、ボーイッシュな死に方だ。

そのような無知が、死をもたらすというのは、若いものの特権であろう。最も輝かしく花のあるときに、ぱっと散ってしまいたい。そのように死について思いを巡らせることもあったが、三島が言ったように、そういう人に限って年を取るまで死にきれず、知恵は積もるばかりで、最後は畳の上でひっそりと死ぬことになるのだろうか。

なんだって死が取り巻くこの世界で、周りの木は濃い夏の光を浴び、僕はいまだ生き続け、死ぬ気配などまったくないのだから。

山頂には小さな小屋があり、その小屋の中から風景を見下ろす屋根に落書きが多数あった。そこに混じって、友人はなにか、ロシア語で、宇宙人にしか分からないような言葉を書き残し、僕らは元来た道を戻ることにした。

正午の強い日差しは陰り始めた。帰りの道のりを若造たちは軽やかな足どりで降りて行った。

長く生きるとしたら、どんな年の取り方がいいだろう。

「どうせなら、ダンディで、かっこかわいいおじいいちゃんになりたいな。地元で小さなカクテルバーをやって、こんな美しい世界を見てきたって語るんだ。若者は刺激され、この老人が見たであろう世界をもう一度確かめようと、新たな旅に出る。老人の書き残した、暗号を解読するためにね。」




解剖学、生理学、生体力学 ③

Biomechanics
生体力学について

生体力学には2種類のアプローチ方法があります。Kinetics(運動学)とはフォームを解析する手法です。Kinematics(運動力学)とは動きの力に着目した研究のアプローチです。ポールスポーツもこの2つの観点から分析することができます。

動きには3種類あり、Angular(円を描く)、Liner(線を描く)、General Motion(その両方を合わせたもの)です。ポールではこの線と円を描きながらGeneral Motionを駆使して体を動かしていきます。

モノを動かすと、動き続けます。止まっているものは、止まり続けます。モノはそのときの運動状態を保とうとする性質があります。これをInertia(慣性)の法則といいます。私たちの体も動かなければ何も始まりませんね(笑)この場合のモノとは、ポールのことだとすれば、ポールだって停止、回転します。ここで、ポールと選手との対話が始まります。

水泳選手は水をかき分ける力(作用)に対する水の反作用の力によって前に進みます。これをCounterforce(作用反作用)の法則といいます。自然界ではすべてのものが、何かしら力をかけると、反対方向の同じ力を発します。反作用を最大限に利用するためには、地面、ポールが安全で安定している必要があります。選手にとって足(下半身)はとても大事です。足が地面をしっかり踏ん張っていると、Counterforceの力を最大限に活かし、ポールに勢い良くジャンプ・イン/アウトできます。

モノは力をさらに加えると、加速します。これをAcceleration(加速)の法則といいます。スピニングポールで体を近づけると回転が加速します。

Verocity(速度と方向性)は、体のそれぞれのパーツによって引き起こされたすべての力の合計です。すべてのVerocityは自分が向かいたい方向に進むべきです。距離をつけるとVeronictyの力は強くなります。例えば、遠くから正しい方向に足を蹴り上げると、スムーズに逆上がりできます。

Stretch-Shortening Cycle(SSC)とは一瞬、グッと引き伸ばされた筋肉が、その直後により強く速く収縮するというシステムのことです。筋肉を逆方向に伸ばすと、進む方向に筋肉が収縮して力をさらにつけることができる。例えば、腕を後ろに伸ばすと球を遠くまで投げることができる。膝を曲げると、高くジャンプできます。反動と似ています。反動をつけることは、遠くに体を動かすためにスポーツでは自然に行っていることです。

1つの動きは次の動きに影響を与えます。ダイナミックコンビネーションで一連の動きをつなげる場合、それぞれの動きは前の動きの力に頼っています。

体を安定させるには、重心を下げること、摩擦を増やし、地面やポールに近づくことです。体の重心は身長の55%の高さ、ほぼ体の真ん中にあります。下半身の筋肉を上半身や体幹よりも先に使うことで、重心を安定させ、パワーを無駄なく最大限に生かすことができます。

スポーツのパフォーマンスを上げるのは、選手のテクニックを上げることが最も効果的です。そのために、コーチは生体力学を駆使して教えることもできます。具体的には、高く飛ぶ、体幹をしめる、腕を力強く振るなどアドバイスすることとで、効果的にパフォーマンスを向上させることができます。

それでは実際に運動を始めていきましょう。

Warm Up

ワームアップは10~20分、目的は関節/心臓/筋肉を運動の準備態勢にすることです。

  • 関節を動かす

関節を動かすことによって、Synovial Fluid(潤滑液)が分泌されます!よってCartilage(軟骨)が負荷に耐えるための能力が向上します。

  • 体を動かしCardio Vascular (心臓血管)のための脈拍を上げる。

Mobility(体を動かすということによって可動域を広げるということと)、Pulse Raiser(心臓循環を促進し脈拍を上げること)をミックスして行いましょう。冬は多め、夏は少なめに行いましょう。

  • 筋肉のストレッチ(Pre-Strech)

ストレッチをすることによってケガの防止、可動域を広げ、筋肉が動く準備をしましょう。

【FITTA】
FITTAとはFrequency(頻度)/Intensity(強さ)/Time(時間)/Type(種類)/Adherence(継続)の頭文字で、ワームアップの基準として参考にできる概念です。

上記のTypeでいうと、ワームアップには3種類のタイプがあります。Sports(真剣にやる)/Dance(リズムにのる)/Aerobic(有酸素運動)です。

【DOMS】
DOMS(Delayed Onset Muscle Soreness)とは遅れてやってくる筋肉の痛みのことです。あなたも経験したことがないでしょうか?これは、筋肉が伸びた時に負荷がかかることが原因です。筋肉の繊維が損傷したのを回復するための副作用として痛みを伴います。通常、3~5日で回復します。痛みがひどければ活動を控えましょう。整骨院、ハリ治療などを受けてみるのもよいでしょう。

Main Work Out

Work Outは、ワームアップの後、メインで行う活動(ポール/振付など)のことです。

ここでは、Cardiovasuclar (心臓)とMuscular Fitness(筋肉)の両方を鍛えることが大切です。Cardiovasuclar にはAerobic(有酸素)とAnaerobic(無酸素) とがあります。Aerobicは長い間軽い運動をすることで心臓、肺、筋肉の忍耐力を向上させます。Anaerobicは負荷をかけ筋肉を強化することです。ケガをしないよう注意しましょう。

ACSM(The American College of Sports Medicine)が発表した【Quantity and Quality Exercise】によると、一週間に最低150分運動をすること、最低週2~3の頻度でCardiorespiratory(呼吸)/Resistance(忍耐)/Flexibility(柔軟)/Neuromotor(神経)をバランスよく鍛えることが大事です。また【PRE/Rate of Perceived Exertion】とはIntensity(強さ)を番号で測定する考え方です。6が一番弱く、20が一番強い。活動の強度をモニターするための指針として活用することができます。

Conditioning

Conditioningとは筋肉の強度を向上させることです。これは、Exhaustion(過度な疲労)が目的ではなく、Fatigue(軽度な疲労)に向けて運動することです。Effort(力を入れる)ときに息を吐き、Ease(力を緩める)ときに息を吸いましょう。多くて20回までリピートします。

Valsalva’s Manoeuvre(バルサルバ法)という呼吸を止めて最大筋力を引き出すトレーニング方法もありますが、これは急激な血圧変化をもたらし、心臓に流れ込む血液を阻止するため、心臓発作や失神などのリスクがあります。私たちは力を入れるときに無意識にバルサルバ法で息を止めてしまっていることもあるので、呼吸を止めないように意識しましょう。

Cool Down

クールダウンの目的は

  • 血液が貯留するのを防ぐこと
  • Lactic Acid (乳酸)を排出する手助けをすること
  • 動きをMaintain(維持)し、Develop(向上)させること
  • 緊張を減らすこと

Cool Downによって、心拍数を通常に下げましょう。DOMSになるリスクを抑えましょう。血液に含まれるアドレナリンのレベルを下げましょう。選手の能力が発揮できるようになる時間を確保しましょう。

ストレッチは2種類あります。Maintenance Stretches(維持)とは通常の可動域でストレッチすることで筋肉の緊張を緩めること。Developmental Stretches(向上)は最大の可動域でストレッチすることで柔軟性を上げケガを防止すること。筋肉は、一定のポジションに慣れるとリラックスします。これをDensensitisation(鋭敏化)といいます。20~25秒慣れさせ、徐々に広げていくことで柔軟性を上げていきましょう。特にAdductors(内転)とハムストリングスはよく固まるので多めにストレッチするとよいでしょう。

こうして、終わりに
今日もすばらしい一日に感謝。周りに感謝。
いい運動をした自分をほめてあげてください(笑)




解剖学、生理学、生体力学 ②

Cardiovascular System
心臓循環について

心臓は1分間に約70回鼓動しています。一回の鼓動で、70~80mlほど血液を押し出しているといわれますが、これはヤクルト1本分の量です。1分で5ℓ、大ペットボドルが5本分、相当な量の血液を、心臓は寝ている間も起きているもずっと動いてくれていると考えるととてもありがたい話です。

大きさは握りこぶしくらい、重さは250~300gリンゴくらいです。

心臓循環の役割はTransportation運搬(赤血球が酸素などを運ぶ)、Protection保護(白血球が病原菌と戦う)、Regulation保温(血管が膨張、収縮することで体温を安定に保つ)です。

肺から酸素を取り入れた血液は心臓に戻るとAorta(大動脈)を通って全身に押し出されます。全身に広がるArteries(動脈)を通って体に酸素と栄養素が行きわたると、Capillaries(毛細血管)で二酸化炭素と老廃物に交換され、全身に広がるVeins(静脈)を通って心臓に戻ります。心臓は肺に、肺は心臓に、心臓から全身に、全身から心臓に、このサイクルが心臓のポンプ機能によって繰り返されることで、私たちの体は常に栄養補給ができているのです。

血液の55%はLiquid Plasma(ほぼ水)、45%はRed Blood Cells(赤血球)、残りの5%はWhite Blood Cells(白血球)とPlatelets(血小板)です。赤血球は120日生きると言われています。赤血球に含まれるヘモグロビンは酸素を運ぶことを手助けしてくれます。白血球は残骸を綺麗にして病原菌と戦い、血小板は1週間だけ生きて血を止めることを手助けしてくれます。

血圧計で表示される数値の「上」と「下」は、最高血圧、最低血圧のことです。最高血圧は、血液を送り出すときに心臓が収縮して、血管に強い圧力がかかっている状態の値。一方、最低血圧とは、次に送り出す血液をためこむために心臓が拡張しているときの値です。血圧が上がり過ぎると、血管を圧縮し、心臓発作を招く危険があります。120/80mmHg以下が望ましいです。

血圧を上げる要因は、喫煙、ストレス、低温、カフェインなどです。健全な心臓を保つためにも、バランスの良い食事、たくさんの運動、禁煙を心がけましょう。運動はコレステロール値を下げ、血流の流れを良くしてくれます。Aerobic Exercise(有酸素運動)を週3/4日行うことで心臓循環を健康に維持する手助けをしてくれます。

 

Respiratory System
呼吸器系について

空気は口や鼻からUpper (上気道)であるPharynx(咽頭)、Larynx(喉頭)、Trachea(気管)を通って、Lower(下気道)であるBronchi(気管支)/Bronchioles(細気管支)を通って肺に到達します。その後気管支の先にあるCapillaries(毛細血管)、Alveolus(肺胞)で酸素と二酸化炭素の交換が行われます。

口から食べ物も入りますよね?食べ物は肺に流れ込まないのでしょうか?Epiglottis(喉頭蓋) というCartilage(軟骨)でできた蓋が、空気が入るときに開き、食べ物が入るときは閉じて、食べ物が肺に入るのを防いでくれています。そんな蓋の開け閉めで空気と食べ物が分かれているなんて。。なんだか心配ですがよくできたものです。

空気は鼻の中のMositure  Hair (湿った鼻毛) Mucus(粘液)を通過するので、湿り、温かくなって体内に入ります。これは体内が体温を保つ上で良いことです。もし口から吸うと空気は乾燥して冷たいままです。口から吸うことの利点は早く大きく空気を取り込めることです。Yarn(あくび)をするのは脳が眠り酸欠になっている証拠で、不足した酸素を大きく取り入れようとしているのです。

Pulmonary Ventilation (肺交換)において、Inspiration(空気を吸う)ときはExternal Respiration(外の空気を吸っている状態)で、その時Diaphragm(横隔膜)はContact(下に押し下げられ)。肺が膨らみます。Expiration(空気を吐く)ときはInternal Respiration(内側の空気を出す状態)でDiaphragmはRelax(上に押し上げられ)、肺は縮みます。

Eupnoeaとは正常にリラックスした呼吸のことです。呼吸器をトレーニングする方法が二つあります。1つはIsocapnic Hyperpnoeaといい、走る、持続運動をすることで呼吸器の忍耐力を上げます。2つ目は、Threshold Loadingといって重量トレーニングなどで少量の息だけを吸って呼吸器の筋肉を鍛えることです。

呼吸器系の病気は3種類あります。①Airway Diseases(気管の病気)によって起こる、Asthma(ぜんそく)、Bronchiectasis(気管支の炎症)、Chronic Bronchitis Emphysema(肺胞の損傷)、②Lung Tissue Diseases(細胞の病気)によって起こるPulmonary Fibrosis(間質が固くなりガス交換がうまくできなくなる←コロナウイルスもこの種)、Sarcoidosis(肺に肉のようなものができる)、③Lung Circulation Diseases(血の巡りが悪くなる)ことによって起きる病気があります。

体内に侵入したウイルスの多くは、鼻や咽喉などの上気道で食い止めらます。すると咳やくしゃみといった風邪に似た症状は出るものの、通常は重症化しません。しかし、免疫力が低下していると、ウイルスが下気道を通過して肺まで侵入し、肺胞に炎症を起こすか、間質に炎症を起こすことがあります。肺胞の壁である間質が固くなると、肺から体内に酸素を取り込めなくなって呼吸困難に陥ります。これがコロナウイルスによって引き起こされる症状でよくみられるものです。

私たちは無意識に呼吸をしているので肺の重要さを忘れがちです。肺は空気を取り込む大きな器官です。食べ物、水が無くても少しは生きていけますが、空気は一時たりとも欠かせません。そういう意味で、肺をもっといたわってあげましょう。喫煙、汚染された空気は避けましょう。Infection(病原菌)を防ぐために手洗いうがいをしましょう。Aerobic Exercise(有酸素運動)は呼吸器の能力を向上することを手助けします。新鮮な空気を吸いましょう。

Nervous System
神経系について

神経系の役割は3つです。Sensory(感知)、Motor(伝導)、Interpretative(解釈)。

Central Nervous System(中枢神経)とは脳とSpiral Cord(脊髄)、体の軸にあたる神経です。

Cranial Nerves(脳神経)を見てみましょう。脳の大部分はCerebrum(大脳)で言語、聴覚、嗅覚、視覚、記憶、情報処理をなど行っています。Cerebellum(小脳)は筋肉に働きかる調整器官です。脳から脊髄という通路を通ってメッセージが送られます。

メッセージは、Peripheral Nervous System(末梢神経)を通過すると、一方はSomatic Nerveous Systemを通って筋肉に働きかけ私たちは体を動かし、他方ではAutonomic Nervous Systemを通って心臓や消化器官が活動します。AutonomicはSympathetic(交感神経)とParasympathetic(副交感神経)に分かれます。Sympatheticではエネルギーを増やすため心拍数が上がり血圧が上昇し汗が出ます。Parasympatheticではエネルギーを保存するため心拍数は下がり消化や休息を施します。運動をすると血を筋肉に運ぶため、消化活動は低下します。食べた後すぐに運動することが良くないのは、このように運動と消化は同時にできないからです。

神経を細かく見ていくと、神経の管であるEpineuriumの中にPerineurium、その中にEndoneuriumがあります。神経とはこのように管の中に管がたくさん包まれている筒状の線です。そしてその中にある一番小さな細胞がニューロンです。ニューロンは電気衝撃によってメッセージを伝達しています。

これですべてがつながります。私たちの体は動脈と静脈の2本の血管と、1本の神経の計3本が全身を走行しています。そして、これらの血管と神経は筋肉に覆われています。肩が凝った時は筋肉が固まったことで血管と神経が圧迫され痛みを感じるからです。改善するには肩だけでなく周辺の筋肉のストレッチなどをして筋肉を柔らかくする必要があります。

神経があるおかげで、私たちは感じ、学習し、覚え、活動していけます。ポールの技に慣れないのは、ただ神経が慣れていないからということですね!




解剖学、生理学、生体力学 ①

Skeletal System
骨について

さっそく質問です。人間の体はいくつの骨で支えられているでしょう?答えは206個です!そんなにもたくさんあるんですね。

骨は内側の柔らかくてスポンジのような細胞(Cancellous)と固いフレーム(Compact)で成り立っています。この絶妙な構造が強くて軽い骨となって私たちの芯になっています。

一般的な成人の骨の重さは10kg以下ですが、もし同じくらい強い鉄の骨をつくろうとすると400kgにもなります。それでも鉄は骨のように自らを再生する復元力は持ちません。鉄筋コンクリートよりも固く、ステンレス銅よりも軽く、自ら修復する力を持つ骨は、人間の体を支える完璧な素材だと言えるでしょう。

骨は常に生まれ変わっています。破骨細胞(Osteoclasts)が古い骨を溶かし、骨芽細胞(Osteoblasts)が骨を新しく形成しています。一年に5~10%生まれ変わっているといわれています。

しかし、年齢とともに骨を作る働きより、骨を壊す働きの方が強くなるため、骨量は低下していきます。よって骨密度が減少し、高齢になると骨粗しょう症(Osteoporosis)になるリスクが高まります。その他にも骨の病気は、腱炎(Tendonitis)、脊柱前彎症(Lordosis)、離断性骨軟骨症(Osteochondritis/Cartilage Fragmentation) 、間板変性症/腰痛(Disc  Degeneration)などがあります。

骨を強くする(Ossification)ために骨の原料であるカルシウム(フルーツ、野菜、豆腐、ヨーグルト)を一日700mgは取りましょう。カルシウムを吸収する手助けをするビタミンDをとるため、太陽の光に当たりましょう。そして運動で骨を鍛えることが大切です。

Articular System
関節について

骨と骨をつないでいるのが関節です。関節は265個、その60%が手足にあります。私たちは関節のおかげで、体を様々な方向に動かすことができます。

関節は3種類あります。頭蓋骨のように動かない関節(Fixed Joints)、脊髄のように少しだけ動く軟骨( Cartilaginous, Synovial)、そして動く範囲が大きい骨膜(Synovial)です。一般的に私たちが呼ぶ関節はこの3番目のSynovialでしょう。Synovialは7つの形のタイプに分かれます。Hinge(腕)、Ball&Socket Joint(肩、腰)、Pivot(首)、Condyloid(手首)、Saddle(親指)、Gliding(指、足)です。この様々な形の特殊性によって、動く方向性が違います。

関節の動きは主に、Flextion/Extension (屈曲/進展)、Abduction/Adduction(外転/内転)、Eversion/Inversion(回外/内外)、Lateral/Medial (外旋/内旋)があります。

関節を知るにおいて、最も重要なのが、Cartilageという骨と骨の間にある関節軟骨です。Cartilageは運動をするときに衝撃を吸収し、骨と骨の摩擦を軽減し、骨を守ってくれています。骨と骨の間はSynovial Fluidと呼ばれるヒアルロン酸をたっぷり含んだ関節液で満たされています。運動をすると、関節液が押し出され、Cartilageが吸い取ることで、栄養を吸収しています。運動をしないと、Cartilageに栄養が行き届かないので、関節が弱ってしまいます。

Cartilageが損傷すると痛みを感じます。Arthritis(関節炎)は最も多い関節の病気です。またPheumatoid arthritis(関節リウマチ)は二番目に多い病気です。これは骨膜が増殖してCartilageとSynovial Fluidまで侵食し、骨と骨ががちがちにくっついてしまう病気です。

関節を固めないためにも、Ⅰ時間おきに席を立ち、動きましょう。歩く、スポーツはとてもいいことです。過度な動きやワームアップなしでの運動は関節を痛めてしまうこともあるので、中程度の活動をキープしてください。

Muscular System
筋肉について

筋肉は人体に600ほどありますが、3種類に分かれることをご存じですか?

Cardiac Muscle(心臓筋肉)は神経から独立して自発的に動き、血液を押し出すため最も強い筋肉です。Visceral Muscles(内臓筋肉)も自発的に動きますが心臓ほど強くはありません。Skeletal Muscle(骨に付随した筋肉)は意識的に動かす筋肉で、体の40%を占めます。私たちがよく人体図などで見る筋肉はこの3番目の筋肉です。また、補助筋肉として、筋肉と骨を結びつけるTendon(腱)、筋肉と筋肉を結びつけるFascia(筋膜)があります。

【The Sliding Filament Theory】
筋肉は筒状のFiber(繊維)の集まりです。その繊維を構成する最も小さなものはMyofibril(筋肉繊維)と呼ばれます。Myofibrilの中にはMyosin(太い繊維)とActin(細い繊維)が交互に並列しています。筋肉を収縮するときはMyosinとActinが重なり合い、筋肉を伸ばすときはMyosinとActinが離れている状態です。この構造によって筋肉は収縮、弛緩することができます。筋肉は本当によくできていますね。

筋肉はいつもペアになって動きます。
Biceps(二頭筋)/Triceps(三頭筋)、Pectoralis(胸筋)/Latissimus(広背筋)、Abdominal(腹筋)/Erector Spine(脊柱起立筋)、Quadriceps(四頭筋)/Hamstrings(ハムストリングス)、Iliopsoas(腸腰筋)/Gluteus(臀筋)といった感じです。

例えば、Bicepsが収縮するき、Tricepsは伸びます。この時、動かす筋肉をAgonistといい、それを支える反対の動きをする筋肉をAntagonistといいます。このように筋肉はいつもペアで動いているので、両方をバランスよく鍛えることが大切です。

【Calf Muscle Pump】
Calves(ふくらはぎ)を動かすことで血流が全身に押し流されます。それをCalf Muscle Pumpといいうます。血流は心臓によって全身に押し流されていますが、下半身にたまりがちです。ふくらはぎを動かすことで、血流の流れを良くしましょう。

私たちの生命活動の源であるエネルギーは、太陽の光、食べ物から取り入れるGlucose(グルコース)と酸素です。Glucoseは体内に取り入れられた後、ATPという形になって貯蔵され、ADPという形になってエネルギーとして発散されます。ADPはATPに変換されてMyoglobinという筋肉の中の細胞に貯蔵され、使われるときにADPになる。つまり、エネルギーの形が変わっているだけで、私たちの体はうまく外から取り入れたエネルギーを体内に保存するシステムを持っているのです。

私たちは歩くだけでも200の骨を動かし、40の筋肉を使っていると言われています。ポールダンスで一回転する簡単な動作だけでも、たくさんの筋肉を合わせて使っているのです。より筋肉を発達させ抵抗力をつけることで、筋肉はより効果的に酸素を取り入れ、血液の供給が向上します。




Crazy Japanese People 

日本人についてあなたの知らない5つのこと

What’s the typical thing about Japan? Ninja, Sushi, Anime…? Then you don’t know anything about Japan! Here are 5 things you will learn who we truly are. Check them out.

Raw Egg on Rice is Our Soul Food
生卵ぶっかけご飯は日本のソールフード

Uncooked egg on rice seasoned with soy source is our lovely breakfast. You know we love bukkake style and it must be freshly raw.

Sneeze? Nobody Says “Bless You” 
あなたがくしゃみしても誰も声をかけてくれません

When you sneeze, you expect to hear “Bless you” from someone right? When you do it in Japan everyone will ignore as if nothing happened. That’s how we chose. Stay silent and be cool with it.

Sleep like the Dead People in Funeral 
私たちは棺桶に眠った死人のような姿で川の字になります

Japanese are very polite even when they are sleeping. Sleep face up and hands holding together. You only do it when you are dead in Coffin. This is our traditional sleeping style called Kawanoji, which means three people lined up like the shape of river(川). Very organized people yah?

 

If You Eat the Whole Apple, You’re be Famous
あながたリンゴにかぶりついたら私たちは好奇な目で見ます

If you bite the apple without cutting, you will appear to be a super wild animal from nature. Japanese people only eat the apple when it is nicely cut in pieces and placed in the bento box. I don’t know why. It’s just that eating the whole apple looks so surprising in Japan.

YES means NO. NO means MAYBE
日本人は複雑なので言葉通りに受け取らないでください

There is this song “Tokyo Girl” by Ace of Base. Yes they are right.
In English, Yes means Yes. No means No. It’s as simple as that. But Japanese language is complicated. It’s like coded language, and you have to guess hidden meaning. For example, when you ask Japanese out on a date and they say “Yes”, don’t take it literally. That will freak them out. You need to read between lines and decode the meaning behind the words. Yes Japanese are hard to be understood.

 

Thank you for reading.

以上日本人ジョーク集でした。

It is just a joke so I hope you enjoyed my article!




 

世界の美しい男性ポールダンサー

What is male beauty?

男性が出せる「美しさ」って何だろう?僕が求めている美しさとは、メイクをして女装することではないし、かといって筋肉を太く強くつけてミケランジェロ像のような体を手に入れることでもない。中性的という言葉も好きではない。だって男性であることには変わりはないもの。

今回は、5人のポールダンサーを紹介しながら男性の美しさについて考察していきます。

Ryota/ Japan

美しい男性ポールダンサーと言えば、おそらく日本で最も知られているのはRyotaでしょう。人間離れした技の数々、しなやかな動き、まるで天空の天使のようです。ヴィジュアルが強く、アート性が高めのアーティストだと思います。

Josh Taylor/ Norway/United Kingdom

彼は僕がノルウェーに住んでいた時のポールの先生でした。重厚な存在感と自信、ひときわ異彩を放っていました。フロアワークのヴァラエティの多さ、とても学べます。とにかく、彼の腰を見て下さい!

Ke Hong/ Hong Kong

ここまで行くともうシルクドソレイユですが、柔らかいのにバネのような強い体で、圧倒的なパフォーマンスですね。ここまでいけないとしても気持ちを奮い立たせてくれます(笑)

Peter Holoda /Hungary

体が柔らかいとやはり綺麗ですね。バレエが基礎にあるのかもしれませんが、まっすぐ伸びた手足、美しいポーズ、軽やかな表現が僕はすごく好きです。技は見せ方で美しくなるということを教えてくれます。

Vecislavs Ruza / Sweden

海外のショーでゲストパフォーマーとして見たのですが、体が揺さぶられるように感動しました。純粋に肉体が、スピニングで無限に踊り続けているかのようでした。アスリートとしての肉体、ダンサーとしての肉体、両方を兼ね備えている。それでいて曲も衣装もシンプルで主張しない、素朴な感じが北欧らしいと言うか、またいいんですよね。

以上、僕が「美」をテーマに個人的に選んだポールダンサーでした。
参考になりましたでしょうか?
男性ポールダンサーは増え、ジャンルも多様化しつつあります。
人によって求めるものはそれぞれあると思います。
なりたい自分になれるように、
これからも模索していきたいと思います。

お付き合いありがとうございました。




How do you learn Norwegian?

Corona visited me and we stuck at home. Never been easy to come back to Norway since then.

How do you learn Norwegian without actually living in Norway? Well, you can still learn online. Here are some good materials which you can find on the internet.

NorwegianClass101.com

 

This is the best online resource to learn Norwegian. Here you can start from the beginner and go up as far as the advanced level. So it pretty covers everything you need to know. With many videos, flashcards, and audios, the lessons also provide the insight of Norwegian culture and history so it is fun and meaningful!

Drama

Norweigan TV dramas are not so much available outside the country but here are some good ones which you can sneakily find somewhere on the net. They are very creative and fun to watch! Children TVs are also good!

・Skam (Dailymotion)
・Home for Christmas (Netflix)
・Ragnarok (Netflix)
・Helium (NRK TV)

YouTuber

They are the four best teachers on YouTube!  Just watch over and over until you fully understand what they are saying. They look very friendly and sound very cute so enjoy your little journey with them 🙂

・Norsklærer Karense
・Norwegian Teacher – Karin
・Learn Norwegian Naturally
・Norwegian Square

Musikk

There are many great singers from Norway but many of them sing in English since they are genius English speakers and want to sell their albums in the world’s market. I hate it!! Among those, I got to find singers who only sing in their own language. I think Norwegian language is the most beautiful so they should be proud 💛

・Kari Bremmes ”Er du nord”
・Sondre Justad ”Andre”
・Sval ”Plan B”
・Cezinando ”Plass”
・El Papi ”Igien og Igien”

If there is anything else you know, do let me know!

Tusen Takk!




誰でも分かるパフォーマンス・アート

パフォーマンス・アートって何?なんだか聞いたことあるけど、よく分からない。英語で横文字で何だか長い。海外から輸入された概念で日本には馴染みがない。なので、本日はそのルーツから作品の楽しみ方まで、世界のパフォーマンス・アートを一般の人でも分かるように解説していきたいと思います。

アート

そもそも皆さんはアートと聞くと、何を想像しますか?

例えば、モナリザ。とても有名ですね。この絵画は完成度や技術はもちろん、強盗事件、「描かれた女性は誰なのか」などという謎に包まれ、人々を魅了し続けています。また、例えば、葛飾北斎の富嶽三十六景。カメラのない江戸時代に、三角波を正確に描写する鬼才、その鮮やかな色彩と緻密な構造は、アート界における日本のルネサンス時代を築いたと言っても過言ではないでしょう。絵画だけではありません。日本を代表する芸術家、岡本太郎が制作した太陽の塔は、大阪万博のために建てられましたが、この彫刻を前にすると、みなぎる岡本太郎の精神力と太陽のパワーに圧倒されます。絵画、彫刻から発し、写真、映像、空間、様々なアート表現が試される中、パフォーマンス・アートも芸術の一分野として1960年代からアメリカを中心に栄えました。

パフォーマンス・アートの始まり

パフォーマンスとは体を使って表現する芸術形態のことです。ここでは5人のパフォーマンスアーティストをご紹介します。

その第一人者と言われるのがジャクソン・ポロックでしょう。

彼は大きなキャンバスにインクをまき散らした作品を大量に制作しました。これだけ見ると誰でもできそうですね。しかし、彼の頑固一徹、確信した顔を見て下さい。彼は知っていたのです、これはアートの革新的出来事であることを。彼はこれをアクション・ペインティングと言いました。これまでの絵画は作家が椅子に座って描かれていたのを、彼はキャンバスの周りを作者自身が「動く」行為それ自体に作品の価値を見出しました。パフォーマンスの始まりです。

パフォーマンス・アートの母

パフォーマンス・アートの母と呼ばれるのがマリーナ・アブラモヴィッチです。「The Artist is Present」というタイトルの作品では、美術館の中で彼女はただ椅子に座って、観客と対峙しました。その期間は毎日7時間、3ヵ月にのぼります。なぜこれがアート界において革新的だったのでしょうか?それは、この時代において絵画や彫刻などの物体的なオブジェではなく、アーティストが「存在する」こと自体が作品となったのがこの美術館において証明されたからです。

世界で活躍する日本人

パフォーマンス・アートの先駆者としてニューヨークで活動していた人物の1人が小野洋子です。ジョンレノンの妻というイメージが強いかもしれませんが、彼女はパフォーマンスの歴史においても重要な作品を残しています。例えばこの「Cut Piece」という作品では、彼女は仏のようにじっと座っており、観客は自由に彼女の服を切ってよいのです。このあやうい交渉において、観客とアーティストはいかに関わっていけるのか。身体という、それも女性的身体、日本アーティストとして、西欧とは異なる文脈において、パフォーマンス・アートの可能性を模索し挑戦し続けました。

細分化する世界、個人の可能性

アメリカを中心に発達したパフォーマンス・アートは世界でムーブメントが広がります。メキシコ在住のフランシス・アリスは巨大な氷の塊をただひたすら押してメキシコ市街を歩きました。最後には氷は解けて何も残りませんでした。膨大な労力が費やされても私たちの生きる社会は変わらない、という不条理が浮かび上がってきます。彼にとって、この不条理に抵抗することは「歩くこと」です。

それぞれのテーマ

Tehching Hsiehは台湾のアーティストで、彼は1年プロジェクトで知られています。1年間投獄して過ごし、1年間毎日1時間置きにタイムカードを押し続け、1年間野外でホームレスとなって暮らし、1年間女性とロープで繋がれたまま生活しました。彼の作品は身体が拘束されることで成り立ち、アーティスト自身は「時間をつぶし、自由に考える」ことがテーマです。

これから先、何ができるのか?

こうしてパフォーマンス・アートは世界各地で様々な試みが見られ、現代にいたります。パフォーマンスが難しく感じるのは、絵画や彫刻に比べて、作品が「行為」それ自体であるゆえ、記録としてしか残っていないからかもしれません。だからこそパフォーマンスは一時的で面白いとも言えます。

根本的にパフォーマンス・アートは身体を介するゆえ「生きていること」そのものです。私たちは何のために生きているんだろう?何が大切だろう?何を感じ、どう生きたいだろう?そのために動き、考えて、懸命に生きる。

パフォーマンス・アートという芸術の深みと面白さを知ることで、自己表現の楽しさや、考えることの楽しさを感じてもらえればうれしいです。

一般の人に分かるように、と言いながら、長く書いてしまいました。結局アートについては語りたいことがたくさん。それではまたお会いしましょう。